〜ほっちゃんの雑記ブログ(仮)〜

ほっちゃんの雑記ブログです。美容、ファッション、犬、料理、旅行

美容整形で瞼を二重にした話②埋没法3点留、手術当日。

こんにちは。仕事をやめてやりたい放題で暮らしてるほっちゃんです。

 

ふと思い立ち、左右大きさの違う一重の目のバランスを整えるべく

埋没法で二重に整形した話の続きです。

 

respawn045.hatenablog.com

今回は手術中のことをまとめます。

 

ドクターと最終的な二重ラインを決めてマーキングをした後は、手術の準備ができるまで待合室で待機です。

待ってるあいだに支払いを済ませました。

 

~いよいよ手術~

そしてまた呼ばれて手術室へ。

私はモニター価格で手術を受けるため、ここで写真を撮りました。

撮影のあとはベッドに横になります。

看護師さんが麻酔の目薬を点眼してくれます。これが少ししみる…。

そして笑気麻酔というガスの麻酔(?)を鼻から吸います。ぼんや〜りするような、眠くなるような感じです。

 

そしてドクターが手術室に入ってきます。

笑気麻酔でぼーっとしてるところに、注射の麻酔を瞼にされます。やっぱり少しは痛い、ような??だんだん麻酔が効いてきてなんだかよく分からなくなります。

 

瞼に糸を通すときは痛みはありませんでしたが、瞼を引っ張ったりする感覚はあるので

怖さで身体が強張りました。

力が入ると腫れやすかったりするようです(∩´﹏`∩)

私は痛みに弱いほうで、血とかなんとか考えるのも苦手なので、手術の時間が長く感じましたが

実際に瞼をいじっている時間は10分〜15分だと思います。

 

 

手術のあとすぐ鏡を見せてくれます。なんと見事なガチャピン目。衝撃!!こんなに腫れるんだ!!

 

f:id:hooomix222:20181206152612j:image

この目は大丈夫なのかな…なんて思っていると、

看護師さんが「頑張りましたね!」と声をかけてくれました。

そして術後の注意点を説明してくれました。

  • 目薬を1日3回くらい点眼すること
  • 横になると腫れが引くのが遅れるので、寝るときは枕を高くしたりするといい
  • スマホをずっと見たり、目が疲れることは避ける、など。

 

目は腫れているので開けづらいですし、なんとなくジンジンします。

こんな顔じゃ外は歩けません!

念のため持ってきていたサングラスをかけて帰宅しました。

 

シャワーは当日から大丈夫ということでしたが

そういう気分でもなく、疲れてしまったので

その日は浴びませんでした。

ビビりなので傷口に触れるのが怖かったです。

 

ではその後の経過はまた報告します!

respawn045.hatenablog.com